真空管アンプ KT88 12AX7

0
    2年前に はじめて作ったキット屋(サンバレー)さんの真空管アンプTU-879SV

    真空管をグレードupしてみました キット屋さんで購入
    キット屋さんで購入
    美しい箱入りでヤバイです
    12AX7
    Sさんがオススメと教えていただいた
    12AX7
    KT88
    キット屋さんオススメのKT88
    アンプを別のものにしたぐらい音の鳴り方が変わりました 真空管を交換して楽しんでいます

    真空管アンプ TU-879SV・SV−miniOTL  樽 mini A7

    0
      お店で鳴っています
      お店にこんな感じで置いて鳴っています

      一週間問題なしで鳴っているので 大丈夫だと思います

      真空管アンプ*SV−mini OTL 完成

      0
        完成3
        完成です 外観は、こんな感じのアンプです
        完成4
        iPodをつなぎ鳴らしてみました
        完成
        完成2
        前回のアンプは、LEDでライトアップして演出の灯りがあったけれど
        今回は、本来の真空管の灯りです
        なんともいえないいい感じです
        音もやわらかい澄んだ音が鳴っています どんな風に変化していくのかなぁ


        土曜、日曜とSV-miniOTLを2日間 お店で鳴らしてみました
        土曜に気になる異音が突然発生してその夜にチェック すぐ見つかり
        日曜は、一日問題なしでした

        日曜日のご来店のお客様早速
        「真空管アンプて良い音なるんだね」と・・・・


        よろしければご来店されたお客様 お耳をどうぞ傾けてください

        真空官アンプSV−miniOTL 作業6日目 調整

        0
          ボリューム
          白と水色の小さいのが全部で4つ
          これがバイアス設定ボリュウム(ADJ1,2)
          これを回して調整です
          ここを回して
          このように回しては、高感度マルチテスターをあてて
          根気よく
          あせってやってもいけないので 冷静に・・・・

          はじめは、この調整のところがちんぷんかんぷんでした
          メールや電話でキット屋さんに3.4回確認を取りました
          丁寧にアドバイスを頂いて助かりました。

          無事 調整終了

          底板を付け  

          完成

          真空官アンプSV−miniOTL 作業5日目 電圧確認 

          0
            いよいよ電圧確認です
            ドキドキです
            電圧確認
            出力官を除く初段とドライバー段周辺の動作確認です
            マニュアルどおりの電圧が出ているかをテスターでチェックです
            電圧確認2
            まず,らです さらに心臓がバクバクです 
            出ました マニュアルどおりの320vが 
            次々と まで無事に出ました
            初めての テスターでしたが なんとかクリアーしました

            いよいよ調整です

            ここで3日間 悩まされました

            先ほどのテスターでは、調整は、無理だったということに・・・・
            詳しいおじいさんのお客さんSさんが教えてくれました
            このおじいさんSさんは、回路図が頭の中にある凄い方です
            Sさんから これをお借りすることができました
            高感度マルチテスター
            確認3
            聞くと1万円ぐらいするらしいです
            良かったやっと次に進める
            Sさんに分からないところとテスターの使い方を教えていただき助かりました
            いよいよ調整です
            確認4
            プロの方が調整しても2時間ぐらいかかると聞いています
            根気よく調整です

            真空管アンプ*SV−mini OTL  製作4日目 

            0
              4日目6
              シャーシに基盤を取り付け配線です
              ビニール線とシールド線は、カットされて入っていません
              自分で必要な長さをカット カットした部分にムキシロをつくりハンダする
              これが各色3本ほどあるので大変
              シールド線は、引っ張り出して収縮チューブで保護する工程もあるのでさらに大変 おかげでムキシロを作るのが上手になりました
              4日目5
              4日目4
              配線は、これを見て進めていきます
              配線を終えると 気が付くと 線がグチャグチャで収まりが悪い
              少しずつケーブルタイでまとめながらやらないといけないんだぁと やってしまってから気が付く
              この写真も撮ったけれど 恥ずかしいのでupしません
              もう一度ハンダで配線をはずしてやり直しでした
              4日目8
              4日目7
              やり直してこんな感じになりました
              気が付くと3時間半の作業時間でした 4日目終了

              真空管アンプ*SV−mini OTL  製作4日目

              0
                4日目3
                4日目の作業は、こんな感じでした
                4日目
                シャーシ本体に電源トランスを取り付けました

                チョークコイルも取り付け
                シャーシにスピーカー端子も
                4日目2
                これからシャーシ本体を仰向けにして作業するのでトランスに傷がつくといけないので養成テープで保護します
                ずっしりと重くなりました
                仰向けにして基盤を取り付けます

                真空管アンプ*SV−mini OTL  製作3日目

                0
                  基盤終了2
                  作業3日目 どんどんハンダ付けしていきます
                  基盤の裏側
                  基盤の裏側に飛び出たリードは、ニッパーでカットし危険なので
                  カットしたリード
                  このようにまとめておきます
                  ヒューズボックスをはめ ダイオード2本、ブリッジダイオード、をハンダして
                  真空管ソケット
                  真空管ソケットをハンダしました。
                  3日目は、ここまで作業時間1時間でした。
                  次回は、配線です

                  真空管アンプ*SV−mini OTL  製作2日目

                  0
                    2日目は、電解コンデンサの取り付けです
                    さして並べておきます
                    まず このように並べときます
                    極性があるので まちがえると大変です
                    リードの長い方が+なので 挿す穴も+のところに挿してハンダしますハンダずけ
                    なれてくると ある程度指しておいて まとめてハンダします 指しすぎると リードが邪魔になってハンダしにくくなります
                    ニッパーでカット
                    基盤、裏側です このリードをニッパーでカットしていきます
                    今日はここまで
                    ハンダ後は、隣どうしのつながり(ブリッジ)・忘れ・イモハンダ(しっかり付いていない)などないように入念なチェックです
                    小さい方の基盤
                    今日はここまで 小さい方の基盤もこんな感じになりました
                    作業時間 2時間弱 あっという間です

                    真空管アンプ*SV−mini OTL

                    0
                      9月か10月頃、購入して なかなかスイッチが入らず しばらく箱の中で眠っていましたが ようやく・・・・

                      製作スタート

                      今回のアンプは、組立難易度が★★★☆☆ ちょっと上めの中級クラス

                      前回初めて組み立てたのが  ★☆☆☆☆ 初級クラス

                      これもなかなか取り掛かれなかった理由のひとつです

                      まず分かりやすいように抵抗器・コンデンサ類を並べておきます
                      並べて分かりやすく
                      部品取り付け図
                      図のように
                      前回のアンプの取り説は、すごく丁寧でしたが
                      さすがに レベルアップしてます
                      最初からこのアンプからだと厳しかったかも・・・
                      確認しながら
                      今回も次男の勉強机を借りて・・・・坊主達、いつも勉強は、コタツとか床とかでやっているので問題なしです
                      先は、ながいです
                      刺してハンダ付けしての繰り返し
                      裏は、
                      裏から見るとこんな感じ

                      体は、覚えているんですねぇ 前回よりハンダもすばやいし、いろんな作業の効率がよくなっているので 自分でおどろいています
                      一日目終了。2時間弱でここまで 今のとこ まったく疲れもなし 一日、1・2時間のペースで やっていきます


                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << November 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      links

                      profile

                      書いた記事数:1144 最後に更新した日:2011/09/08

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM